Sijimi

採用で面接官に悪い印象を与えてしまう、応募者の6つの発言


1. 前職の会社の悪口

悪口を聞きたい人はほとんどいません。仮にそれが事実であったとしても、悪口はプラスの印象とはなりません。面接の時間は短いので、悪口に時間を割くヒマはないのです。

とりあえず、ポジティブな表現、もしくは向上心を感じる表現を心がけてください。

例えば、どうしても前職を辞めた理由を説明しなければいけなくなったら、下記のような言い換えをしてみてもいいかもしれません。

例)
「同僚の能力が低かったので」⇒「同僚は能力不足で悩んでいたようで」
「給料が安くて」⇒「条件面でもっと上を目指したいと思い」

2. やれません・できません

基本的に「やれません」「できません」だけで会話を終わらせてしまうのは、印象が良くありません。
もちろん、できもしないことを「できる」と言ってしまうのは絶対にNGですが、「できない」をストレートに言い過ぎない工夫、あるいは「できない」をカバーする工夫は必要ではないでしょうか。

例)
「できません」⇒「経験がないので判断が難しいのですが、頑張りたいと思います」「それはできませんが、代わりに●●をすることで貢献できると思います」
「やれません」⇒「できるだけのことをやろうと思います」「やってみたいことではありますが、●●の方が得意です」

事前の情報収集で、どちらがいいのかを確かめておきましょう。

3. 将来の年収はいくら位になりますか?

面接官にとって、将来の年収がいくら位になるか、というのは答えにくい質問の1つでもあります。なぜなら、人によって大きく異なるからです。
管理職になればそれなりにもらえるかもしれませんし、あまり給料が上がらない方もいるかもしれません。また、会社を取り巻く環境によっても給与は変動します。

こういう場合は、人事制度について質問するといいでしょう。このとき、人事制度についてきちんと教えてくれない会社は、あまりいい会社とは言えません。

例)
「30歳で、年収はいくら位になりますか?」 ⇒ 「御社の人事制度は成果型ですか?年功型ですか?」「成果型(年功型)の詳しい内容を教えてください。」

また、将来の給与を聞きたいのであれば、内定をもらってから、それを承諾する前に社員の人に面談のチャンスを貰い、直接聞くのも手です。

4. どんな教育制度がありますか?

多くの会社は、公式、非公式に関わらず「社員研修」を行っています。しかし、これはあくまで経験を通した印象ですが、入社する前から「自分が施される教育」のことばかり聞かれると、「うーん」と心良く思わない面接官が多かったと思います。

これは、多くの会社員が「会社は学校と違い、教育は与えられるものではない」と感じているからではないかと思います。

基本的に「自分で勉強せよ」が多くの会社員の意見だと思った方が、少なくとも面接の場においては、適切なのではないかと思います。したがって、ここでは「社員がどのように勉強しているか」を聞くのが一番妥当です。

例)
「御社にはどのような教育研修制度がありますか?」 ⇒ 「社員の方は勉強熱心なのでしょうか?」「どのように自己研鑚している人が多いのでしょう?」

5. 聞かれていることに答えていない、聞かれていないことまで答える

面接の時間は有限なので、面接官は「判断材料をきちんと集める」ことに全力を注いでいます。それにもかかわらず、応募者が「聞かれたことに対して答えていない」「余計なことまで答えている」と、面接官はひどく時間が無駄になったと感じがちです。

聞かれたことに簡潔に、結論から答える。これが面接の最大の秘訣と言ってもいいでしょう。

例えば、次の会話を見てください。

面接官 「志望動機を話してください」

応募者 「私はこれまでアパレルショップでチーフをしてきました。時には大変なこともあったのですが、仲間と相談して、困難を乗り越えることができました。前職で学んだことが●●です。その経験が、御社の営業職で…」

このとき、面接官は間違いなく、「結論から言ってほしい」と感じていると思います。

同じ内容を結論から話すと、次のようになります。

面接官 「志望動機を話してください」

応募者 「はい。私が御社を志望した理由は、営業として貴社の●●の仕事をやりたいと思ったからです。それは、私が前職のアパレルショップでチーフをしていたときに、●●を学んだ経験が、御社の営業職で…」

このように、面接官と自分の時間を最大限に効率良く使うことが重要です。回り道をしているヒマはありません。

6. 質問しない

ほとんどの面接では、面接官の質問がひと通り終わると、「応募者の質問時間」が取られます。そして、「応募者からの質問」を重視している会社は非常に多いです。

「どのような視点でウチを見ているのか?」「なにに疑問を持っているのか?」「表面的なことでなく、本質的なことを質問できるか?」といったように、質問からは非常に多くの情報が得られます。

したがって、質問しないこと自体がマイナス、というよりも「質問によってアピールできる時間があるのに、使わないのはもったいない」ということです。必要であれば、面接中に筆記用具を使う許可を得て、質問のネタを書き留めておくと良いと思います。

llbwwb:

Baby Wood Ducks by John Haig

llbwwb:

Baby Wood Ducks by John Haig

yobaretetobidete:

橋本環奈

yobaretetobidete:

橋本環奈

chong2-ho1:

星名美津紀

karakurenai:

2014.5.25 | 小林涼子オフィシャルブログ
mincang:

一瞬でも「嫁にしたい」と思ったら爆死。part2 画像×52 : 画像ナビ!
valscrapbook:

On joue à Chat perché au crepuscule… - Nièvre by serguei_30 on Flickr.
les-belles-fesses-japonaises:

 ▶ les-belles-fesses-japonaises
▶ my-asian-goddesses

chong2-ho1:

Mana Haruka

OPPAI

1:NIKE(ナイキ)
ギリシア神話に登場する勝利の女神 “ニーケー” に由来。ロゴマークの “スウッシュ” は、この女神の彫像の翼が元となっているという。ちなみに、このロゴはグラフィックデザインを勉強していた学生キャロライン・デビッドソンによってデザインされたのだが、彼女に支払われたデザイン料は35ドル(約3500円)だったという。

2:adidas(アディダス)
創始者アドルフ・ダスラーの名前に由来している。アドルフの愛称 “アディ” と “ダスラー” をつなげたもの。兄のルドルフと共同で「ダスラー兄弟靴工場」を営んでいたのだが、仲たがいをしたことから会社は分裂。そして、『アディダス』が生まれたのだ。ちなみに、兄のルドルフは『プーマ』の創設者でもある。

3:Coca-Cola(コカ・コーラ)
コカの葉とコーラの実を原材料に使っていたことからこの名が付けられた。コーラの実は英語で「Kola nut」と書くが、“K” を “C” としたほうが見た目が良いという理由から『Coca-Cola』になった。また、今でもおなじみの筆記体で流れるようなロゴは、コカ・コーラの生みの親ジョン・ペンバートン博士の経理を担当していたフランク・ロビンソンが書いたものである。

4:Pepsi(ペプシ)
消化酵素「ペプシン」から名付けられたとのこと。アメリカの薬剤師キャレブ・ブレッドハムが調合した消化不良の治療薬に由来する。

5:Canon(キヤノン)
Canonの語源には、「聖典」「規範」「標準」という意味があるため、 “最新の技術とサービス活動において世界の標準となり、業界の規範として活動する” という企業精神が社名に込められているとのことだ。また、キヤノンの前身『精機光学研究所』が生み出したカメラの最初の試作機「KWANON(カンノン)」の存在も、社名を決める一因となっている。「キヤノン」の発音がこの「カンノン」と似ているからだ。

6:Nikon(ニコン)
当初「日本工学工業株式会社」だった社名の略式「ニッコー(NIKKO)」の語尾に「N」を付けて」男性的な印象にしたもの。1946年にカメラに付けられた「ニッコー」という名称が、のちに社名となったのだ。

7:Adobe(アドビシステムズ)
カリフォルニア州ポロアルトのアドビ川に由来している。アドビシステムズの設立者であるジョン・ワーノックの自宅の裏をこのアドビ川が流れていたことから、社名となった。

8:Amazon(アマゾン)
当初、「Cadabra.com」との社名だったが、英語で “死体” を意味する “cadaver” と音が似ていたため、「Amazon.com」に変更された。創設者のベゾンは、1番目のアルファベッドである “A” から始まる名にしたいと思っていたところ、“Amazon” という言葉を発見したのだとか。

“Amazon” には「エキゾチック、独特な、様々な」という意味があり、会社のイメージにピッタリだったことから採用。また、ベゾンは世界で1番長い川を「アマゾン川」と勘違いしていたようだが、実際はナイル川が世界最長。しかし、水量はアマゾンの方が圧倒的に多いという。

9:Audi(アウディ)
創始者であるアウグスト・ホルヒの名字 “ホルヒ” は、ドイツ語で「聞け!」という意味で、これをラテン語に訳した言葉が「アウディ」なのだ。会社の名前をどうするか話していたホルヒたちの議論を聞いていたある子供が、ラテン語に詳しかったため、この名前を提案したという。

10:SEGA(セガ)
セガの前身である「サービス ゲームス ジャパン株式会社」の “Service” と “Games” という単語のそれぞれ頭2文字が組み合わさってできた。エンターテイメントを通じて、社会奉仕しようという理念を表しているとのこと。

11:SHARP(シャープ)
1915年、現在の「シャープペンシル」である金属製の繰り出し鉛筆を発明。1916年に「エバー・レディー・シャープペンシル」と名付けて発売したところ、大人気となり、現在の社名となった

12:SONY(ソニー)
音という意味の英語「SONIC」の語源となったラテン語の「SONUS(ソヌス)」と、坊やという意味の英語「SONNY」からきているとのこと。また、どこの国の人でも簡単に発音できる名前にしたという。

13:Starbacks (スターバックス)
ハーマン・メルヴィルの長編小説『白鯨』に登場する一等航海士スターバックに由来する。また、あの緑のロゴに描かれているのは、ギリシア神話に登場する海の怪獣 “セイレーン”。

14:LEGO(レゴ)
「よく遊べ(play well)」という意味のデンマーク語「leg godt」を略したもの。また、レゴ社の理念でもある。

15:Intel(インテル)
当初、創立者のロバート・ノイス、ゴードン・ムーアは社名を「ムーア & ノイス」にしたかったのだが、発音が「モア・ノイズ(より騒音を)」という英語と似ており、電子機器会社のイメージに合わなかった。

そこで、ノイスの娘が提案した「Integrated Electronics」、省略して「Intel」という社名を採用することにしたのだが、ホテルチェーンの「Intelco」と似ていたため、ホテルから名前の使用権を購入。晴れて現在の社名となったのである。

16:IKEA(イケア)
創業者イングヴァル・カンブラードのイニシャル「I.K.」と、彼が育ったスウェーデン南部の農場エルムタリッドとアナグリッド村の頭文字「E.A.」を合わせたもの。「IKEA」という名前を登録商標したとき、カンブラードは弱冠17歳だったという。

17:Skype(スカイプ)
当初は、“sky(空)” と “peer(同等の人)” を組み合わせて「Skyper」としていたのだが、ドメインがすでに習得されていたので、“ r ” を取って、「Skype」となった。

18:セブン・イレブン
“朝7時から夜11時までの営業時間” が由来となっている社名。「セブン・イレブン」になる前の店は、元々サウスランド・アイス社の氷販売店だったのだ。ところが、客からの要望に応えて氷の他にもパンや卵などの食品も置くようになって、「コンビニエンスストア」へと発展していったとのこと。1946年に「セブン・イレブン」に変更するまでは、「トーテム・ストア」と呼ばれていたという。

19:3M(スリーエム)
あのポストイットなど3万点以上もの製品やサービスを要する『3M』は、「Minnesota Mining & Manufacturing Co.(ミネソタ・マイニング・アンド・マニュファクチュアリン社)」だった社名が省略されたもの。それぞれの頭文字 “M” がとられているのだ。

20:ギンビス
レストラン「銀座ベーカリー」を経営していたが、お菓子事業に特化し、「銀座ビスケット=ギンビス」と社名を変更したという。お菓子『たべっ子どうぶつ』や『しみチョココーン』などが有名。

21:カルビー
カルシウムの「カル」と、ビタミンB1 の「ビー」を組み合わせたもの。両方とも生きる上で大切な栄養素であり、人々の健康に役立ちたいとの思いが込められているのだそう。

22:湖池屋
創業者である小池和夫の出身地である長野県にあった大きな湖のように、会社を大きく成長させたいとの願いを込めて、小池の “小” の字を “湖” に変えて「湖池屋」としたという。